車の事故を起こした際には一呼吸して冷静になろう

はじめまして。私はペンネームとしてMJと名乗っている者です。今回は車の自動車事故について記述していきたいと思います。

昨今あおり運転などが話題になっていますが、車に関する様々な出来事は車を運転する方、しない方に関わらず現代日本では何らかの形で巻き込まれる可能性は誰にでもあります。そのことを意識して日ごろから少しでもイメージしておくことが非常事態の際には非常に有効であることでしょう。

私自身も約2年前に事故を起こしてしまいました。事故の内容は車体をガードレールに突っ込ませた自損事故です。事故直後の記憶は正直よく覚えていないのですが、強い衝撃と金属が悲鳴を上げるような甲高い音が耳に響いたのだけは覚えています。

車を運転して約10年ですが、これまでに事故を起こしたことが無いので暫くは茫然として何も考えられませんでした。その後、体には大きな異常がない事を確認しつつ意を決して車内から車の外へ出た時は心と体が震えました。

車体の後ろ半分が大きく壊れていたからです。車は私が長年働いて購入した最初の車でした。それだけに思い出も深く、大切な相棒でした。

しかし、その相棒は目の前で壊れてしまいました。私は如何したら良いのか分からずに立ちつくすしかありませんでした。けれど、周りを見渡せば周囲が騒がしくなってくるのが目に移りました。

それは当然です。私の車が事故を起こしたせいで関係のない多くの人々が迷惑を受けているのです。私は非常に恥ずかしくなりました。

私は自分の事ばかりで周りの状況や人々の事を全く考えてもいなかったのです。ひょっとしたら自分の車の所為で更に重大な事故が起きる可能性すらありました。

テレビを通じて何度も目にした二次被害が起きる可能性もあったのです。ここで私は深呼吸をしました。頭に上がった血液と素早く脈動を打っている心臓を少しでも落ち着けて冷静さを取り戻そうとしたのです。

人間とは不思議な物で緊急事態であっても精神が一旦落ち着きを取り戻せば次に何をするべきか分からずとも、解決に向けて努力をする生き物です。

在り来たりな対応ですが周囲の安全確保と警察への連絡を行いました。

また、保険会社に連絡を取り、事故の説明とその後の対処方法についての助言を得ました。私の現時点における対処はこれまででした。やがて、警察がパトカーに乗ってやってきました。

後は警察官の誘導に従って諸所の問題に取り組み、保険会社の人と協力して賠償を済ませることができました。この事故から得られた教訓はパニックになっては何事も解決が遅れるということです。

特に車道では他の車が次々とやってきます。自己の対応が誤れば更なる被害を自他共に生じさせてしまうのです。これまでに事故を起こされたことが無い読者の方は日ごろイメージしてください。

そして事故を起こした際は深呼吸をして冷静になってください。冷静な心があなたとあなたの周囲の人を救います。是非安全な交通をお互いに心がけていきましょう。

全損で弁護士特約を使い弁護士に依頼しても金額UPできるわけではない

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

飲酒運転&居眠りの車に追突されて

最近は、自動車でのトラブルのニュースをテレビで目にする機会が多くなりました。

特に危険な「あおり運転」などは最近ニュースになっており、突然自分自身が被害者になることも想定されます。

このようなニュースが報道されてからは自家用にも、ドライブレコーダーなどを搭載するようになった方も多いのではないでしょうか。

そこで大切になってくるのが、自動車保険の存在です。

自動車保険は単なる車の事故だけではなく、賢く有効活用することが大切になっきます。

そのことを、二つの事例を見ながら説明していきたいと思います。

一つ目は、狭い道路の信号で停車中に前の車が対向車に気づかずバックし、停車していた後ろの車にぶつかりました。

しかしながら、相手方は任意の自動車保険に加入しておらず開き直っています。

このような場合には、まず相手と直接交渉するのではなく、まずは自分が加入している保険会社に連絡するのが良いです。

そして、場合によっては保険会社の担当者が相手方に連絡し、交渉を進めてくれる場合があります。

自分が100%悪くない場合においてもまずは自分自身が加入している保険会社に連絡することが良いと思います。

二つ目は、あおり運転をされて実際に停車中に相手方が降りて、タバコなどを投げ付けられて自分自身の車が傷ついた場合です。

この場合は、まず大変危険なものになるのでまず警察に連絡し、ドライブレコーダー等で証拠がはっきりある場合にはその証拠をもとに保険会社に連絡しましょう。

この場合は、相手方がわかった場合でも相手が何をするかわからないので自分自身で相手方に接触することは避けて、第三者に任せることが次のトラブルを防ぐことになります。

そして、なにより大切なのが保険会社の担当者です。

普段自分自身が加入している保険会社の担当者と直接お話する機会はなかなかないと思いますが、常日頃から保険会社の担当者の人とは仲良くし、保険会社との連絡を密にすることで万が一の事態にそなえておくことが必要です。

以上のことから、自動車のトラブルがなにかあった場合には必ず自分が契約している保険会社に連絡し、適切なお話が相手方とでにるように証拠をしっかり取っておくことが大切です。

通常の交通事故では、100パーセント自分に非がないものというのは少なく、割合に差があったとしても必ず両方に過失があるという判断になることが大半です。
しかしながら、今回お示しした上記の事例は停車中だったりあおり運転だったりと相手方が100パーセント悪いと判断されることになるものです。

それでも、しっかりと保険会社に連絡しましょう。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

保険料ではなく交渉力が強い保険会社を選ぶべき

私が事故を起こしたのは3年前でした。当時はワンボックスに乗っていて路地を入った裏道を運転していました。直線で見通しも良く何もないだろうと運転していると突然一旦停止から一台の軽自動車が飛び出してきました。

そのまま私の右側面のフロントバンパーと相手側の右側面の後部座席がぶつかりました。事故当時は幸いにも後続車は無く安心しましたが私の運転席が空かなくなりはって助手席側から出ました。

相手側は40代くらいの女性の方でした。後部座席には娘と思われる中学生が乗っていたので学校の送り迎えの途中だったのでしょう。

娘さんにも幸い怪我は無かったです。しかしその相手側の女性は私が一方的に突っ込んできたと言い張っていました。

私は悪くないの一点張り。警察官が来ても同じ言葉を繰り返すばかりでした。私はこれはどうしようもないと思い、保険会社さんに一任する事にしました。その後保険会社さんが現場を見に来てくれました。

保険会社の担当者さんは私の昔からの知り合いで家族ぐるみでお世話になっている方でした。担当者さんはまず現場の状況やタイヤ痕、それから周りの風景の写真を撮り事故の様子と怪我の心配をしてくれました。

そして相手側の言い分をあまりにも酷いと嘆いてくれました。

しかし私も完全に止まっていた訳では無くスピードが出ていた為、7:3の割合になるでしょうとの事でした。

何で私は何も悪くないのに3割も負担しなければならないのか、そして相手側は何も悪くないと言い張っているのに7割で済むのか、と正直納得いきませんでしたが法律がそう決めているので仕方ないと思いその場はそれで納得しました。

車の方はレッカーで運ばれディラーの方で修理をしました。幸いにもバンパーの交換だけで済むとの事でしたが40万近くかかるとの事。

それでも三割の12万は払わなければいけないのかとガックリしていました。それから2~3日後に保険ささんから電話が来て事故の詳細が決まったとの事。

やはり7:3だと言われました。愛車を傷つけられ3割も負担するのかと嘆いている私を見かねた保険屋さんはもう一度交渉すると言って電話を切りました。

その後かかってきた電話でなんと9:1にまでしてくれました。

保険屋さん同士の話し合いでそこまで割合をかけてくれたみたいでした。正直この時はこの保険屋さんで良かったと思いました。

保険料金も他と比べると若干高い感じがしてましたがこういう時にはやはり信頼できる保険屋さんにするべきだと思いました。今は保険料で決める人が多い時代だと思いますが肝心な時に全力で動いてくれる保険屋さんを選ぶべきだと私は思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする